学校の学費が払えない!退学か休学か

学校の学費が払えないとどうなる?

 

大学なり専門学校なり、途中で学費が払えなくなり退学していく方が多い様です。

 

学費を払わないでそのままにしておくと、学校側が退学手続きに進んでいきます。大学なら学費の延納・分納制度がありますのでまずはその手続きをおすすめします。学費の延納・分納は期日が決まってますので気を付けてください。

 

国立大学の場合は、「学費の免除制度」を使えるか大学側と相談してみましょう。

 

そして、国の教育ローンなら大学・専門学校と幅広く貸付をしてくれます。最高「350万円」で金利は1.18%と安いです。※2017年時点

 

だいたい国の教育ローンに申し込みしてから20日くらいで入金する様なので検討してみては如何でしょうか。

 

ただし、申込者・返済義務は「親権者」になるので家族で十分に話し合う事をおすすめします。

 

在学中から返済が始まりますが、利息のみの返済もOKです。

 

そしてもう一つが「国の奨学金」ですね。こちらは返済義務は「子供」になります。利子のないタイプとあるタイプがあり月々振込されます。国の教育ローンとの併用が可能です。

 

国の教育ローンや奨学金を使って後はバイトを頑張れば乗り切れそうですが、まずは親子で相談してください。

 

それ以前に、延納・分納・免除の手続きはお早めに。